規則正しい睡眠

『規則正しい睡眠』への簡単な行動とは!?

私が健康の為に行っている『規則正しい睡眠』への
簡単な行動を紹介しています。

 

その他には、いろいろな健康法も紹介しているので
興味のある方は、続きを読んでみてくださいね。

 

世の中には数えきれない位に色々な
健康法があると思います。

 

しかしどんな健康法を実践するにしても
やはり体力が無ければいけないと私は感じています。

 

なので私がまず大切にしている健康法は、
出来る限りの『規則正しい睡眠』です。

 

健康にとってもの凄く根本的な部分でありながらも、
忙しいとなかなか不規則になりがちな睡眠です。

 

当たり前ですが睡眠は体力(健康)の為には
欠かせないものです。

 

というのも免疫力を保つにはしっかりと睡眠を
取ることや、ストレスを溜めない事です。

 

免疫力である白血球が減少してしまうと
風邪をひきやすくなるばかりか、体調を
崩してしまいます。

 

ただ、睡眠も大切ですが色々な原因も
知っておくことが大切です。

 

だから、白血球といった免疫でかかせない
事を学んでおきたい方は、白血球が少ない
からご覧ください。

 

話が変わってしまいましたが、

 

では、そんなことを言っている私が実際に
何を実行しているのか書かせていただきます。

 

まず私が規則正しく睡眠を摂るために実際に
行っているのは、自分の生活の中で睡眠時間に
向けて環境に気を付けることです。

 

具体的には、夜22時以降テレビは消して、
照明は豆電球レベルのオレンジっぽい色で
暗くしておくことです。

 

これは視覚的な効果により睡眠にスムーズに
入りやすくするためです。
(以前、神経科の医師に教えて頂きました。)

 

そして、寝ても寝れなくても良いので出来るだけ
23時を目標にお布団に入れるように行動していきます。

 

それから翌日は(私場合はお仕事の関係もあり
早いのですが)5時半に目覚ましをかけて、余裕を
持って起床します。

 

つまりは、自分の今の環境の中でどれだけ
『早寝早起き』を実践できるか、というところです。

 

一応、私自身はこの方法を行うようになってからは
体力的にタフになりましたし、繰り返し慣れることで
自然と夜眠りに入りやすくなりました。

 

とは言え、家庭やお仕事の都合により
「私には実践できない」という方もいると思います。

 

(私も以前夜勤をしていた経験があったので、
以前でしたら絶対に無理でした。)

 

まぁ、私の書いた内容は気軽な気持ちで
読んでいただき、「あ〜そんな方法もあるのね」程度に
理解してもらえると嬉しいです。

 

そんな感じで、健康法の根本、『睡眠』について
私が現在行っている内容についてでした。

 

とにかく自分のマイペース

 

とにかく自分に視点をおいて、マイペースでいくことです。

 

人によって生活のペースが違うので、そのペースを
上げたり下げたりする事です。

 

そのマイペースを崩さずに、やっていく事です。

 

なので、人に惑わされずになるべく自然に
食事とかしていく事だと思います。

 

健康管理にも色々と本が出ているので、
その知識も取り入れる感じで良いと思います。

 

そして、なるべく自然にやっていく事だと思います。

 

自分の進むスピードは、ある程度調整しながら、
健康管理をしていくべきだと思います。

 

それぞれのお仕事の関係もありますが、
なるべく1週間の同じペースを維持するべき
なのかなとも思います。

 

そして、良い感じにしていく事だと思います。

 

各年齢層で、重ねてきた生活の価値観に
重点おいてやる事です。

 

その価値観は、人それぞれだと思います。

 

つまり、各個人の生活のパターンにおいて
やることだと思います。

 

そして、継続させることだと思います。

 

毎朝お酢を飲むようにしています

 

私だけかもしれないのですが、年をとってくると
朝起きるのがどうしてもダルくなって
「あと五分寝たい」などと思うようになってしまいます。

 

しかし会社ではある程度の地位にいますので
眠そうな顔で出社するわけにも行かず、
きちっとした顔をして勤務先に行かないといけないと
思ってしまうのです。

 

出来ることなら昼まででも寝ていたいなぁと
思うのですがそうも行きません。

 

ユンケルなどの飲むのも考えたのですが、
そこまで「よし!やるぞ!」て気合入れるのも
なんかなぁと思ってしまうので、自宅にある
お酢を水で溶かして飲むようにしています。

 

最初はダイエット目的で黒酢を飲んでいたのですが、
SNSで疲れにはお酢がいいというのが回ってきて、
そういえばお酢を飲むようになってから調子いいなぁと
気づいたのです。

 

興味がないときは知らなかったのですが、
お酢って色んな種類があって味も違うのがあるし、
自分好みのものが見つかるんですよね。

 

休日なんかはデパ地下に行って、自分の好みの
味のものを購入し平日に飲む楽しみにしています。

 

プラシーボ効果なのかどうかわかりませんが、
お酢飲むようになってからは寝起きも楽に起きれますし、
顔のむくみも減った気がします。

 

私がはじめた健康法

 

私は、ひどい便秘に悩んでいました。

 

便秘は、いろいろな病気を引き起こすとも言
われているので薬に頼ってもみたのですが
何とか自分の力で便秘を解消したくて試してみた事が
健康法に繋がっていたみたいなんです。

 

まずは、コーヒーを多飲している癖があったので、
ミネラルウォーターを代わりに飲むように気をつけました。

 

次に、シャワーで済ませていたのを湯船に
浸かるようにしました。

 

運動不足を指摘されていたので、エレベーターを
使わずに出来るだけ階段を使うようにしたり
大股で歩くように気をつけていたんです。

 

それだけでも随分効果があって二日に一度は
便通があったり、お肌の調子も良くなってきました。

 

段々と欲が出て来た私は、大嫌いな野菜も
食べるようになりウォーキングも始めたんです。

 

それがダイエット効果にもなってポッコリお腹が
へこんできたりと目に見える結果に
楽しくなったきたんです。

 

運動不足解消とダイエットを兼ねて
暇さえあれば筋トレを始めるようになると
便秘解消どころか5キロのダイエットと
健康診断でも良い結果がでるようになりました。

 

 

サプリメント

 

私の健康法は毎日サプリメントを使用することです。

 

普段の食事では補えきれない栄養素を取り入れるのには
とても重宝されるものだと思います。

 

特に摂取しているのは鉄分です。ビタミンCなどは
野菜や果物からとれますしビタミンB群も肉などから
摂ることができます。

 

しかし鉄分は含まれている食品がわずかしかないため
なかなか摂取することができません。

 

鉄分は不足すると貧血を起こしたり様々な体の
不調を招きます。

 

そういう意味では鉄分は毎日欠かさずに摂りたい
栄養素です。

 

サプリメントといっても様々な種類が
販売されています。

 

その中でどれが良いのかという選定基準は
やはり栄養素の量が多く含まれていて
値段の安いものです。

 

よくドラッグストアに行くと曜日ごとにセールを
やっています。

 

そういう日を狙って何個かストックとして
購入するようにしています。

 

健康の基本はやはり食事だと思います。

 

栄養が足りない状態を続けていると何かと
体の不調が起こったり大きな病気に
繋がるリスクもあります。

 

健康管理はしっかりしていきたいものです。

 

私の独自な健康方法

 

私はどちらかといえば不摂生で不健康な
タイプの生活をしていました。

 

年齢のせいもあってか太ってきてしまったし、
全体的にだらしない感じに仕上がってしまったんです。

 

これは、あまりにもカッコ悪いなぁと感じ始めてから
一日二食だった生活を一日三食食べるようにしたら
不規則な生活に体が慣れてしまっているのか、
どんどん肥満になって健康診断でもメタボリック診断に
引っかかる始末でした。

 

運動は友人と一緒にヨガを始めたのに続かずにいて、
YouTubeにのっている肩甲骨体操なんかをやる程度でした。

 

食事は一日二食に戻したのですが、お腹が
空いていなくても時間がくれば食べていることに
気づいたんです。

 

それからは、お腹が空いてから食べるように気を
付けました。

 

そうすると、一日三食の日もあったり一日一食半
くらいの時もあったりすることに驚きました。

 

お昼休憩だからといって一食食べなくてもいい。

 

夕ご飯の時間だからといって出された食事を
全部食べなくてもいいことにしたら食事が
美味しく食べられるようになり、翌年のメタボ診断には
引っかかる事はありませんでした。

 

お腹が鳴って起きるという生活が心地いいです。

 

エクササイズなどを行った場合に

睡眠障害と言いますと、睡眠に纏わる疾病全体を多面的に指し示す言葉で、夜の睡眠が阻害されてしまうもの、仕事中に眠りに誘われてしまうものも含まれるのです。
付近にあるドラッグストアなどを調査すると、有り余るほどのサプリメントがあるようですが、不可欠な栄養は個人によりまちまちです。あなたは、自分に足りていない栄養素を把握していますか?
生活習慣病と言いますと、高血圧であるとか肥満などが典型で、過去には成人病と呼んでいました。メチャクチャ食い、アルコールの過剰摂取など、どちらにしても毎日の生活習慣が相当影響を与えるのです。
ウォーキングと言うと、体全部の筋肉、はたまた神経を使う有酸素運動というわけです。筋肉を鍛えるのにとどまらず、柔軟にしますので、筋肉痛とは無縁の体になれるのです。
疲労と言いますと、痛みと発熱と合わせて、身体の三大警告などと言われており、多種多様な病気で発生する病態です。そんな意味から、疲労が出る病気は、100ではきかないそうです。

エクササイズなどを行った場合に、筋肉に痛みが現れる現象が、筋肉痛というわけです。最悪の場合は、運動は当たり前として、普通に歩くことすら避けたいくらいの痛みを感じてしまうことがあるのです。
腎臓病と申しますと、尿細管であったり腎臓の糸球体がある意味イカレルことで、腎臓の機能が落ちる病気だということです。腎臓病にはたくさんの種類があって、各々素因や病状が異なるそうです。
医薬品という物は、病気からくる熱を下げさせたり、その原因を取り去ってしまうことで、自然治癒力の手助けをするわけです。しかも、病気の拡散対策などに利用されることもあると言われています。
糖尿病と言えるほど高くないが、正常値でもない血糖値のことを境界型と言うのです。境界型は糖尿病ではないのですが、これから先糖尿病と化してしまう可能性がある状態なのです。
言うまでもないことですが、「ホメオスタシス」がまともに発揮されないこともあると言えます。そんな時に、病気からの回復を手伝ったり、原因そのものを駆逐する為に、医薬品を利用します。

ガンという病気に関しては、身体のあらゆる場所に発症する可能性があると発表されています。肺とか大腸などの内臓は当然の事、血液や骨に生じるガンだって見られるのです。
はっきり言って案外と知られていないのですが、ぜんそくを放置していけないのは、生命が終わる危険がある病気だからなのです。毎年毎年、大体2000人の患者が、ぜんそくの発作で最後の時を迎えていると報告されています。
骨粗しょう症と言いますと、骨を健全に保持する時に求められる栄養素であるビタミンD・カルシウム又はタンパク質などを確実に摂り込んでいないことや、日光浴不足もしくは運動不足などが理由でもたらされる病気だと言えます。
立ちくらみにつきましては、ひどくなると、倒れてしまう場合も想定される危険な症状なのです。いつも起きる場合は、ヤバイ病気に罹っている可能性もあると断言します。
胸痛に襲われている人を目撃した場合に一番大事な事は、スピーディーな行動だと思います。早急に救急車のために119に電話をし、AEDが近くにあれば心肺蘇生法を実践することが重要です。

 

 

骨粗しょう症と言いますと

 

バセドウ病治療を受けている人の90%程度が女の方で、50歳代の人に発症することが多い病気だということと、手足が冷たくなることから、更年期障害に違いないと言われることが稀ではない病気だと言われています。
通常の風邪だと蔑ろにして、深刻な気管支炎に冒されることも少なくはなく、高齢者の場合、気管支炎のために罹った肺炎のせいで亡くなる例が、死因の第3位にランクされているのはご存知でしょうか?
はっきり申し上げて案外と知られていないのですが、ぜんそくを放ったらかしにできないのは、命を落としてしまう危険性のある疾病だとわかっているからです。一年間に、約2000人の患者さんが、ぜんそくの発作で生命を無くしていると報告されています。
女性ホルモンについては、骨密度をキープしようとする役割を担っているそうで、女性ホルモンの分泌が低減し始める60歳前に骨粗しょう症に見舞われることが多いと考えられています。
パーキンソン病の初めの段階で起こる特徴的な症状は、手足の震えだと言われます。並びに、筋肉の強ばりとか発声障害などが見受けられることもあると聞きます。

最近では医学も進歩して、各種の病気に関しましても、研究がなされているわけです。にも関わらず、相変わらず快方に向かわない人がたくさん見受けられますし、治癒できない疾病がそれなりに存在しているというのも現実なのです。
深い睡眠、正しいバランスの良い食生活が何より大切なのです。ウォーキングなどの運動は、ターンオーバーや呼吸・循環器系機能を高めることになり、ストレス解消にも実効性があります。
高齢者の方につきまして、骨折が重大なミスと言われるわけは、骨折のせいで体を動かさない期間が生じることで、筋力がパワーダウンし、寝たきりの状況になるリスクが大きいからです。
運動するチャンスもほとんどなく、暴飲暴食がしょっちゅうで、コレステロールの多い御飯が大好きな人、糖分とか脂質がたっぷり入った高カロリーな食品を摂取することが多い方は、脂質異常症という病気に陥りやすいと考えられています。
骨粗しょう症と言いますと、骨を形作る時にないと困る栄養の成分であるカルシウム・ビタミンDとかタンパク質などが不足していることや、飲酒喫煙であったり日光浴不足などが要因となって生じる病気だということです。

いきなり足の親指などを含んだ関節が赤くなって、激しい痛みが現れる痛風は、男の人達が主に罹る病気なんだそうです。発作が起こりますと、しばらく歩くこともできないほどの痛みが続くらしいです。
膠原病が女性の方に多く起きるのは、女性ホルモンと関係があるからだとされています。ただ、男性の人が発症する例がほとんどだという膠原病も存在します。
喘息に関しては、子どもに限った疾病であるという考え方が大半ですが、今は、成人になった以降に症状が現れる実例が多々あり、30年前と比較してみると、ビックリかもしれませんが3倍までになっているわけです。
心臓疾患内においても、動脈硬化が元凶となって発症する虚血性心疾患は、段階的に増加傾向にあり、その内の1つの急性心筋梗塞は、約20%の罹患者さんが死亡すると言われています。
心筋梗塞は寝起きの時間帯に発現することが稀ではないので、目覚めましたら、先ずは200CC程度の水分を摂取するように意識して、「横になっている間に濃くなってしまっている血液を薄くする」ことが肝要だと思われます。

 

 

 

睡眠時間の確保

 

甲状腺に起因する疾病は、男女の罹患率に大きな差があり、女の人からしたら、バセドウ病などは男性の5倍だそうです。そういう理由から、甲状腺眼症に関しましても女の人が注意する必要のある疾病だと感じます。
何故に虫垂炎が起きるのかは、今も100パーセントわかってはいないのですが、虫垂の中に老廃物が貯まり、そこで細菌が棲息し、急性炎症が起きてしまう病気だというのが通例のようです。
ノロウイルスが元凶の食中毒などは、時々見受けられるようですが、とりわけ冬に流行るというのが定説でしょう。食品などを媒介として口から口へ移ると言われており、人の腸管で増えることが明らかになっているのです。
肥満や肥満など、誰もが聞いたことのある「生活習慣病」は、若い時期から頑張ってケアしていても、残念なことに加齢が誘因となりなってしまうこともかなりあるようです。
睡眠時間の確保、適正な必要な栄養成分を含んだ食生活が最も重要です。理に適った運動は、新陳代謝や呼吸・循環器系機能を向上させ、ストレス解消にも有用です。

過去には成人病とも名付けられていた糖尿病あるいは高血圧などの既往症持ちだと、そのことが元で脳卒中に冒されてしまうという人もいます。我々の25%と言われている肥満もその傾向にあります。
吐き気であったり嘔吐の要因自体というと、軽度の胃潰瘍であったりめまいなど、それほど深刻に考える必要のないものから、くも膜下出血といった命に直結する病気まで、色々です。
ALSにつきましては、筋萎縮性側索硬化症のことを意味します。なぜなるのかは明確ではないのですが、症状が出始めた年から推測すると、神経系統の組織の劣化が関与しているかもしれないと聞いています。
胃ないしは腸の機能が落ちる原因は、病気を筆頭に、体調不良・加齢、並びにストレスです。その他、100パーセント原因だと考えられているのが、「暴飲暴食」らしいです、
糖尿病だと指摘される数値の範囲ではないが、正常値とも断定できない血糖値にあることを境界型と言われます。境界型は糖尿病とは違いますが、いつの日か糖尿病だと宣告される可能性がある状況なのです。

単に心臓病だと言えども、幾つもの病気があるわけですが、その中においても最近になって増えつつあるのが、動脈硬化が元凶の「心筋梗塞」だそうです。
女性ホルモンと申しますのは、骨密度を維持する役目を担っていて、女性ホルモンの分泌がダウンし始める50歳代に骨粗しょう症に罹患する人が増えると言われます。
ガンに関しましては、人の体のあらゆる場所に発症する可能性があるようです。肺・胃・大腸などの内臓だけに限らず、血液や皮膚や骨といった部分に発症するガンだって存在するわけです。
心臓などに決定的な症状がないケースでも、胸痛が襲ってくることもあって、胸痛は命に関わるという想いから、尚の事症状が強く出ることがあるらしいです。
高血圧ですよと言われようとも、自覚症状はほぼありません。けれども、高血圧状態が長引いてしまうと、その影響が大きい血管ないしは臓器には、幾つもの合併症が見受けられるようになるそうです。