システーマの呼吸法

システーマの呼吸法

システーマの呼吸法を
ご存知でしょうか?

 

演劇を学んでいた頃に肉体訓練で
呼吸法を学び、それから三十年、自分の呼吸を
注意して「見る」ようにしています。

 

スポーツのトレーニングから太極拳、ヨガ、座禅に
いたるまで、様々な健康法があり、呼吸法にも
色々あります。

 

大方共通しているのは、「自然に息をすること」、
「鼻から吸って口から吐く」、「吐く息を細く長く」、
「腹式呼吸」、…などです。生きて心臓が動いていれば、
何も考えずとも息をします。

 

あえてその自分の呼吸を観察して、時に意識的に
呼吸を調整することで、自分自身をひじょうに冷静に、
明晰な状態にすることができます。

 

中でも実用的で、私が気に入っているのが、
格闘技「システーマ」の呼吸法です。

 

鼻から息を吸って、口から細く吐くだけなのですが、
これを「苦しいとき」に、あえて意識して実践します。

 

これはパニック障害や不安、緊張、怒ったとき…、
など実生活で自分をうまくコントロールできない
苦しみの最中で効果を発揮します。

 

やはり身体だけが元気でも健康とはいえず、
自分の内側にある葛藤と折り合いをつけることが
できるようになって、はじめて「健康」と
言えるでのはないか、と私は実感しています。

 

毎日のリズムを崩さないこと

 

朝は5時半に起きて23時には寝る生活をしています。

 

その間に昼寝をしたりして、疲れたと思った時には
無理しないでちょっと横になります。

 

1時間寝るのでなくて、15分とか30分などと短い時間だと
それほど疲れないというのか支障がないような気がします。

 

もしこれがきっとバラバラの生活スタイルだったら
慣れていないこともあって疲れるような気がするかと
思います。

 

健康であるためには無理をしないことが重要な
ポイントだと思います。

 

そしてストレスがたまったと思ったなら自分なりに
解消したりすることです。

 

そして毎日のように野菜を食べたり、バランスが
とれるような食事作りをしています。

 

お肉ばかりたくさん食べたら次の日には野菜を
食べたりなど考えてやっています。

 

体調を崩してしまった時には市販の薬を飲んでも
効かなければ病院に行ったりと無理をしないようにしています。

 

お金がかかってもやっぱり楽になりたいと思いますので、
行くことにしています。

 

家族にもそのようにしています。

 

 

糖尿病と言える範囲の数値ではないけれど

付近にあるドラッグストアなどを覗くと、とんでもない数のサプリメントが並べられていますが、必要とされる成分はその人その人でまったく異なります。あなた自身は、自らに必要な栄養をご存知なのでしょうか?
吐き気とか嘔吐の原因となるものと言うのは、重症ではない胃潰瘍とかめまいなど、ちょっとしたものから、くも膜下出血みたいな命に直結する病気まで、たくさんあります。
くすりと言われているのは、病気の苦しさを和らげたり、その原因を取り去ることで、自然治癒力が作用しやすいように手助けします。しかも、病気の予防などに使用されることもあると言われます。
糖尿病と言える範囲の数値ではないけれど、正常値だとも言えない血糖値状況を境界型と言われます。境界型は糖尿病とは一線を画しますが、近い将来糖尿病に陥ることが想起される状況なのです。
運動をする機会もなく、飲むのが大好きで、コレステロールの多い食物類ばかりを摂る人、糖分とか脂質がたっぷり入った高カロリーな食事が多く食卓に並ぶという方は、脂質異常症という病気になってしまうと教えられました。

健康な人でも、身体の内側に細菌が入り込んじゃうと、免疫力がとんでもなく落ちます。元来身体が強くなかったという方は、忘れずに手洗いなどを意識してください。
花粉症患者さん用の薬等々に混ざっている抗ヒスタミン成分は、くしゃみや鼻水には効果を発揮しますが、眠くなってしまうことを覚悟しなければなりません。これでわかる様に、薬には副作用というものが、主作用の他にあるのです。
自律神経とは、当事者の考えに束縛されることなく、オートマティックに身体全体の働きを一定に保有する神経で、「自律神経失調症」と言いますのは、その働きがレベルダウンする病気です。
昨今は医療技術も大きく前進して、一日も早く治療を行なえば、腎臓の機能の悪化を防止したり、ゆっくりさせたりすることが可能になったとのことです。
鼻が通らなかったり、鼻の内の方から何とも言えない臭いがするといった症状が見受けられる蓄膿症。本当を言うと、風邪などが要因となり発症することも指摘されている、縁遠くはない疾病だと聞いています。

動物性脂肪を摂りすぎるために、血管内部に脂肪が付いてしまう結果となって、時間をかけて血管の内径が小さくなって、脳梗塞で倒れるという順序が多いらしいです。
大概の女性の方々が困惑しているのが片頭痛らしいです。消すことができない痛みは、心臓の拍動と同様にやって来ることが通例で、5時間から3日くらい持続するのが特性だと聞いています。
疲労につきましては、痛みと発熱と併せて、人体の3大警告等と比喩され、多種多様な病気に出る症状です。そんな意味から、疲労を伴う病気は、100以上にはなるとのことです。
日本の人は、醤油とか味噌などを料理に使用するので、誕生した時から塩分を口にし過ぎる可能性を否定できません。それにより高血圧になって、脳出血に結び付く例も膨大にあると聞きました。
脳卒中と言いますと、脳の中にある血管で血液が固まってしまったり、それが理由で割けたりする疾病の総称だそうです。一定の種類に分類されますが、一段と多いと言われるのが脳梗塞だそうです。